発酵食品と健康

ヨーグルトの写真

意識してみると西洋・東洋を問わず、私たちの日頃の食卓には調味料からご飯のお供まで、発酵食品が欠かせないものになっていることが分かりました。

しかしそれらの発酵食品にはどんな健康効果があるのでしょうか。野菜を乳酸発酵させた漬物や魚を乳酸発酵させた食材など、乳酸菌は食材発酵に良く用いられています。

さらにヨーグルトやチーズはまさに乳酸菌の王道です。ヨーグルトと言えば腸内環境改善の主役級です。腸内細菌の分布は善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7です。

腸内の7割もの日和見菌に良い働きをさせるには、善玉菌をしっかり増やし常に優勢にしておく必要があります。腸内環境が良い状態であれば、体内の免疫システムがしっかりと働くことができ、病気に対して強い体になることができます。

最近の研究によって、腸内環境の改善がアレルギーの改善にも効果があることが分かっています。ですから乳酸菌を含む発酵食材をたくさん取って、腸内の善玉菌をせっせと増やす必要があるのです。

また発酵食品は必要な栄養が体に取り込みやすい形になっているので、必須アミノ酸やビタミン・ミネラルをしっかり吸収する助けになります。ビタミンB類はエネルギー代謝アップに役立ちます。ビタミンCやベータカロテンなどはガンの原因になる活性酸素を除去する働きがあります。

さらに発酵食品の中には酵素を豊富に含むものがあり、その酵素が血液をサラサラにしたりメラニン色素の活性を抑えたりというアンチエイジングにも重要な役割を果たしてくれます。発酵食品の健康効果・美容効果を知れば知るほど、毎日の食事でなるべくたくさんの発酵食品を摂りたいという気持ちになりますね。

このページの先頭へ

プロのトレーダー